安全で快適にテレワーク!
保護された隔離領域でのクラウドサービス利用を実現

CACHATTO SecureContainer Cloudでは、アクセス端末(Windows PC)上に生成する隔離されたセキュアな業務領域(セキュアコンテナ領域)上でクラウドサービスを利用できます。PCのローカルリソースを活用しながら、セキュアで快適なテレワーク環境を提供します。

CACHATTO SecureContainer Cloud イメージ

セキュアな隔離領域でデータを保護

ローカル環境で安全にアプリケーション利用

・Microsoft EdgeでWebアプリにアクセス
・Microsoft Officeファイル編集
・Microsoft TeamsでのWeb会議 など

テレワークにおける課題を解決します!

課題 1

私物PCなど企業の管理が難しいPCから業務に利用しているクラウドサービスへ、安全にアクセスさせたい。

BIOS設定や利用アプリを限定できる会社支給PCとは違い、従業員の私物PCや業務委託先PCのセキュリティ管理は難しい…

悩んでいる人

解決!

IDaaS(認証プロバイダーサービス)と連携し、業務利用するクラウドサービスへのアクセスはセキュアコンテナアプリケーションからのみに制限可能です。セキュアな領域外からはアクセスできません。

セキュアな領域外からはクラウドサービスのアクセスできません

課題 2

リモートデスクトップ接続を利用しているが、ネットワーク環境によっては操作レスポンスに影響を受け、快適に業務できないことがある。接続先PCの運用負荷も軽減したい。

アクセス集中する時間帯によりラグが気になるし、社内に多数ある接続先PCの導入や管理などの運用負荷を軽くできないかな…

悩んでいる人

解決!

アクセス端末のセキュアな領域から直接クラウドサービスにアクセス。リモートデスクトップや仮想デスクトップ(VDI)利用時のような踏み台となる接続先は不要です。

踏み台となる接続先は不要

課題 3

セキュリティやネットワーク負荷の対策としてコミュニケーションツールを併用している。

リモートデスクトップ接続を介してのWeb会議では、社内PCを経由するため品質が不安定になる場合があり、チャットはMicorosoft Teams、 Web会議はZoomを利用している。集約できないかな…

悩んでいる人

解決!

アクセス端末のセキュアな領域から直接安全にコミュニケーションツールの利用が可能に。さらに端末のカメラやマイクを直接利用するため快適にWeb会議を実施できます。Microsoft Teamsなど一つのサービスへ集約でき、Web会議の品質改善やコスト低減が期待できます。

コミュニケーションツール一つのサービスへ集約可能に

こんなシーンで活用できます

  • テレワークや在宅勤務での
    私物PC活用

    従業員の私物PCを活用し、クラウドサービス利用をメインとするテレワークに。セキュアな領域からのみMicrosoft Teamsに直接アクセスでき、 Web会議はPCのカメラやマイクを利用し快適に実施。

    テレワークや在宅勤務での私物PC活用
  • パートナー企業や業務委託業者のセキュアアクセス

    パートナー企業や業務委託業者など、企業の管理下にない組織のPCからセキュアコンテナアプリ経由で業務上必要な情報にアクセスしたりMicrosoft Teamsチャネルでの会話に参加。

    パートナー企業や業務委託業者のセキュアアクセス
  • 海外拠点従業員の
    本社システムへのアクセス

    海外現地法人など、Active Directoryや資産管理システムで管理されていない拠点のPCから日本本社のシステムにアクセスするために利用。

    海外拠点従業員の本社システムへのアクセス

製品特長・機能

  • セキュアな隔離領域

    標準のユーザーアカウントと別に生成されるセキュアコンテナ専用のWindowsユーザーアカウントの環境は隔離されており、アカウント間でのファイルの共有や転送は制限されています。

    セキュアな隔離領域
  • 証明書ベースのクラウドアクセス

    クライアント証明書発行・認証機能を持つIDaaS(認証プロバイダーサービス)と連携し、クラウドサービスへのアクセスはセキュアコンテナアプリケーションからに制限可能です。

    証明書ベースのクラウドアクセス
  • 端末のデータを保護

    CACHATTO SecureContainer Cloudではセキュアコンテナ領域を内包する仮想ディスクの暗号化を実施。端末盗難や紛失時の情報漏洩リスクを低減します。さらにWindowsの暗号化機能(BitLocker)を併用することで、PC全体により強固なセキュリティを施した運用も可能です。

    端末のデータを保護
  • ローカルアプリでファイル編集

    アクセス端末にインストールされたMicrosoft Officeを利用し、ファイルの閲覧や編集が可能です。ローカルのアプリケーションや、メモリ、CPUなどのローカルリソースを使用するため、軽快に作業できます。

    ローカルアプリでファイル編集

活用のメリット

  • クラウドサービスへのセキュアアクセス

    クラウドサービスへのセキュアアクセス

    IDaaSと連携して証明書を持つユーザーのみ、セキュアな環境からクラウドへのアクセス可能。社内ネットワーク経由が不要(インターネットブレイクアウト)で、より快適に利用。

  • セキュアコンテナにより情報漏洩リスクを低減

    セキュアコンテナにより情報漏洩リスクを低減

    標準アカウントへのデータの持ち出しは制限され、データも暗号化されているので、情報漏洩リスクを極小化。私物PCなど管理外PCの利用も安心。

  • テレワーク環境の導入/管理コストを低減

    テレワーク環境の導入/管理コストを低減

    接続先の物理PCや仮想デスクトップは不要VPNも不要。テレワーク環境構築のコストや端末管理コストを低減。

  • ネットワーク接続環境による影響を最小限に

    ネットワーク接続環境による影響を最小限に

    リモートデスクトップなどのソリューションと比較して、ネットワーク接続環境の影響を最小限に。業務効率の低下を極小化。

  • PCのローカルリソースを活用し快適に業務

    PCのローカルリソースを活用し快適に業務

    PCローカルアプリを活用して軽快にファイル編集。リモートデスクトップを介することなく、アクセス端末のカメラやマイクを利用して快適にWeb会議。

  • コミュニケーションツールを集約

    コミュニケーションツールを集約

    アクセス端末から直接コミュニケーションツールの利用が可能に。チャットとWeb会議でサービスを使い分けている場合、Microsoft Teamsなど一つのサービスへ集約でき、Web会議品質の改善やコスト低減が期待できる。

システム構成イメージ

e-Janネットワークスがクラウド(AWS)上に貴社専用の管理サーバーを構築し、ホスティング提供します。自社にサーバーなどの設備を増やさずにアセットレスで導入できます。

CACHATTO SecureContainer Cloud システム構成イメージ

連携検証済みIDaaS

  • HENNGE ONE(HENNGE株式会社)
  • Gluegent Gate(サイオステクノロジー株式会社)
  • ネクストセット・シングルサインオン for Microsoft 365(株式会社ネクストセット)

推奨利用環境

対応OS
Windows 10、11
CPU
Intel Core i5-8265U相当
RAM
8GB

参考価格

10ユーザー年間利用料
120,000円(税別)

1カ月無償でお試しいただけます

CACHATTO SecureContainer Cloudを実際のご利用環境でお試しいただけます。
機能や使用感をぜひご確認ください。

お試し期間
1カ月間
提供ユーザー数
30ユーザー
対象
自社導入をご検討中の企業・団体

製品の詳細を資料で確認したい方はこちら

導入のご相談などお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

03-6823-5591 導入をご検討のお客様専用
受付時間 : 9:00~18:00 (土、日、祝日除く)