テレワークプラットフォーム CACHATTO 販売/開発元 e-Janネットワークス株式会社

こんなお悩み、解決できます!

通信が不安定な環境や
オフラインでも業務したい

VDI導入費用が
予算に収まらない

育児/介護時でも
柔軟に働けるようにしたい

クラウドサービスを
セキュアに利用したい

共用PCの
管理をラクにしたい

CACHATTOのe-Janネットワークスが提供する今までにない「新発想」シンクライアント

CACHATTOオプション(Windows)

CACHATTO Desktop

こんなシーンで利用されています!

Case1 外出、出張の多い営業に

外出、出張の多い営業に

Case2 海外拠点の従業員に

海外拠点の従業員に

Case3 地方勤務者や派遣職員に

地方勤務者や派遣職員に

Case4 顧客に常駐しているSEに

顧客に常駐しているSEに
資料ダウンロードはこちら製品概要

何が新しいの?

新発想のセキュアなワークスペース

セキュアな仮想ワークスペース(サンドボックス領域)をクライアント(Windows PC)上に一時的に生成し、その隔離領域内で各種アプリケーションを利用することで、クラウドや社内情報の安全な閲覧/編集を実現します。

システム構成

VDIとの違い

画面転送方式のVDIとは違い、必要に応じてデータ/ファイルの送受信を行い、それをクライアント端末のローカルリソースで利用します。常時接続が不要で、通信環境によるパフォーマンス低下などもありません。

  CACHATTO DesktopCACHATTO Desktop 一般的なVDI一般的なVDI
初期構築費用
運用コスト
(アプリケーションインストールのみ。既存のCACHATTO導入環境で利用可能) (高価なサーバー、ストレージなどが必要)
ネットワーク接続 データ送受信のみ 常時
オフライン作業 可能 不可

何ができるの?

安全に、便利に、どこでも、PC業務ができます

クラウドや社内システムにアクセス

Office 365やG Suiteなどのクラウドサービスや社内システムに安全にアクセスできます。シングルサインオンにも対応しており、スムーズにアクセスできます。

クラウドや社内システムにアクセス

Officeファイルのオフライン編集

PCにインストールされているアプリケーションを利用し、ファイル閲覧や編集ができます。通信環境に影響されることなく、作業を継続できます。

Officeファイルのオフライン編集

ファイルの一時保存

メールやファイルサーバー、クラウド上のファイル、編集したファイルは、仮想ワークスペース内に暗号化され一時保存できます(終了時削除)。

ファイルの一時保存

利用イメージ

利用イメージ 利用イメージ 利用イメージ 利用イメージ 利用イメージ 利用イメージ
資料ダウンロードはこちら製品概要

導入のメリットは?

不安定な通信環境下でもOK!

ネットワーク接続は必要なときのみで、常時接続不要です。不安定な通信環境下でもファイル編集など作業を継続でき、業務効率を落としません。

不安定な通信環境下でもOK!

VDIより低コスト!

既存のCACHATTO導入環境を利用すれば、クライアントPCへのアプリケーションインストールのみで利用できます。そのため大規模なハードウェアの導入は不要で、関連ソフトウェアの費用も抑えることができ、VDIと比べコストを抑えることができます。

VDIより低コスト!

クラウドも安心!情報漏洩リスクを極小化

社内システム内のファイルはもちろん、クラウドサービス内のファイルもセキュリティが担保された仮想ワークスペース内でのみ利用できます。CACHATTO Desktop終了時に仮想ワークスペースごと作業ファイルは消去するため、PC内にデータは残しません。盗難や紛失時も情報漏洩リスクを極小化します。

情報漏洩リスクを極小化

これらのメリットから、以下に最適です

テレワーク推進やBCP対策に!

パンデミックや、地震などの大規模自然災害発生時、台風や大雪による出社困難時の事業継続に利用できます。

テレワーク推進やBCP対策に!

共用PCの運用負荷を軽減!

ログアウト毎に端末内のデータは消去されるため、貸し出す度に初期化する必要がありません。管理者の運用負荷を軽減します。

共用PC業務に

どんなシーンで使われているの?

case1 外出、出張の多い営業に

新幹線や飛行機での移動中など、不安定な通信環境下でも業務を継続。VDIを導入していたが、CACHATTO Desktopであればネットワークへの常時接続不要なため、ユーザーの不満を解決。

外出、出張の多い営業に

case2 海外拠点の従業員に

VDI利用には不充分な回線帯域の海外拠点から、日本の本社システムにアクセスするために利用。CACHATTO Desktopによりオフライン作業が可能に。回線の遅延や頻繁な切断に悩みません。

海外拠点から本社にアクセス

case3 地方勤務者や派遣職員に

地方事業所や企業に派遣されている職員などに向け、CACHATTO DesktopをインストールしたPCを支給し本社のシステムへアクセス。大規模なサーバー設置は不要で、アクセス権限などは管理者が設定可能。社内システムへのアクセス環境を容易に構築。

外出、出張の多い営業に

case4 顧客に常駐しているSEに

顧客の企業に常駐しているシステムエンジニアが、本社のシステムにアクセスするために利用。ログアウト時に作業ファイルは消去するため、PC内にデータは残しません。情報漏洩リスクが少ないため、顧客先での業務も安心。

顧客に常駐しているSEに
資料ダウンロードはこちら製品概要

どの端末で使えるの?

PC(Windows)でご利用いただけます

推奨利用環境

対応OS※1 Windows 10(64bit)、Windows 8.1 (32bit/64bit)、Windows 7(32bit/64bit)
対応ソフト※2 ・Microsoft Office Excel、Word、PowerPoint 2010以降
・Microsoft Visio、Project(Project Standard) 2016
・WPS Office(旧 Kingsoft Office 2016)
CPU Core i3-6100U相当以上および
Core i5-3200相当以上※3
メモリー 4GB以上※4
ハードディスク 200MB以上の空き容量があること
ディスプレイ OSのシステム要件を満たすこと
ネットワーク インターネット接続が可能であること
その他 ・インストールには管理者権限が必要
・UACが有効となっていること

資料ダウンロード